1×1=1 の意味

「まちねずみジョニーのおはなし」
ピーターラビットの絵本 第3週⑨
ビアトリクス・ポター 作・絵
いしいももこ 訳
福音館書店

 

1×1=1の意味

街のねずみジョニーと、田舎に住むねずみチミーのおはなし。

街に暮らし、洗練された生活をおくるジョニー。

田舎でのんびりと暮らし、毎日新鮮な野菜や果物をふんだんに食べるチミー。

そのチミーが間違いからうっかり都会へ行ってしまい、ジョニーにお世話になります。

ジョニーは快くチミーをもてなします。

お屋敷のお残りのご馳走をナイフとフォークでいただきますが、チミーにはどうにも合いません。

ジョニーはその後田舎に戻ったチミーのところへ遊びに行きます。

ジョニーはやはりチミーの田舎の暮らしは不向きだと感じます。

お互いが自分の暮らしに満足しているため、それぞれの暮らしに驚きます。

 

この絵本の面白さは、まったく違う二匹の暮らしをお互いが受容しないところです。

「違う」ということ。それでいい。

お互いが「1」としてある。

私は田舎が好き。

私は都会が好き。

それ以上でそれ以下でもない。

だからこそ相手を容認できることもあるのではないでしょうか。

細部にわたって面白くも、潔いくらいのシンプルなストーリー。

自然を愛する作者の凛とした深い思いが込められているような気がします。

かわいらしいねずみのおはなしに、なぜか深読みしてしまう絵本です。

 

✻まずはここから。作者の事も少し書いています。良かったらどうそ。

ピーターラビットのおはなし
ただ事ではないワイルドストーリー「ピーターラビットのおはなし」第一集①  という絵本の紹介です。...

✻第3集はねずみのおはなし。どれも力作ぞろいです!ぜひ。

のねずみチュウチュウおくさんのおはなし
几帳面な奥さんと不躾な客たち「のねずみチュウチュウおくさんのおはなし」という絵本の紹介です。...
2ひきのわるいねずみのおはなし
ねずみの夫婦と美しい人形の家「2ひきのわるいねずみのおはなし」という絵本の紹介です。...

 

ABOUT ME
bun
絵本に追いかけられた母