「ピーターのいとこ」やらかします

「ベンジャミン バニーのおはなし」
ピーターラビットの絵本 第一集②
ビアトリクス・ポター 作・絵
石井桃子 訳
福音館書店

 

「ピーターのいとこ」やらかします

ポターの絵が素敵ですからね…

騙されますよね…かわいい、素敵なストーリーなんじゃないかって…。

この絵本から読み始めても十分楽しめますが、一冊目の「ピーターラビットのおはなし」のストーリーを色濃く残して続いています。

 

ベンジャミン バニーはピーターのいとこです。

そしてどうやら仲良しのようです。

つまり「いい子」じゃないってことです。(私は大好きです!)

ベンジャミンはピーターを誘ってあの「行ってはいけない」マクレガーさんの畑へ行きます。

マクレガーさんについては「ピーターラビットのおはなし」(第一集①)に解説がありますが、美味しい野菜をたくさん育てている「人間」です。

今回は少しいいこともあります。ピーターはマクレガーさんの畑の「かかし」にされた、ブルーの上着と靴を取り返すんですよ!

まあ、それ以外は大変なんですが。

マクレガーさんの家の猫も絶妙に登場します。

作者のビアトリクス・ポターは小さいころから動物が大好きだったので、動物描写がリアルです。猫好きさん必見かも。

表紙でベンジャミンバニーが持っている「赤いハンケチ(ハンカチ)」、どこかで見たような?

読むたびに発見がある味の濃い絵本です。

 

 

✻まずはここから。作者ビアトリクス・ポターの事も少し書かせていただいています。

ピーターラビットのおはなし
ただ事ではないワイルドストーリー「ピーターラビットのおはなし」第一集①  という絵本の紹介です。...


ABOUT ME
bun
絵本に追いかけられた母