奇跡のクリスマスプレゼント

「神の道化師」
トミー・デ・パオラ 作
ゆあさ ふみえ 訳
ほるぷ出版

 

奇跡のクリスマスプレゼント

 

お父さんもお母さんも家もない小さな男の子ジョバンニの特技は、なんでも空中に投げ上げてくるくると上手に回すことでした。

ある時、旅の一座の仲間に入り大人気の道化師となります。

もちろん、皿や燃えているたいまつも、なんでも回しました。

 

ジョバンニの芸は一貫して同じものでした。そして人を喜ばせる事がジョバンニの生涯の喜びだったのです。

だんだんと年老いてきて体が思うようにならなくなったクリスマスに、教会に赴き奇跡が起きます。

 

ジョバンニは誰にもできない、だけどクスっと笑っちゃう、目からウロコのあったかいあったかいプレゼントを神様に捧げます。

誰のプレゼントが一番かなんて決めちゃいけないけれど、神様はきっと一本取られた思いでしょう。

奇跡の楽しいクリスマスプレゼントです。

 

このお話はフランスに古くから伝わる民話を、作者が自身の人生経験を重ね合わせて心を込めて語りかえたものです。

終わり良ければ総て良しとも感じられるし、無欲に頑張ってきたジョバンニの最後のご褒美にも思える、感慨深い絵本です。

 

 

✻クリスマスのおすすめ絵本です。あったかい気持ちになりますよ。

クリスマスのおくりもの
トナカイダウンで大ピンチ!ジョン・バーニンガム「クリスマスのおくりもの」...
ロッタちゃんとクリスマスツリー
あんたって運のいい子だよ☆「ロッタちゃんとクリスマスツリー」という絵本の紹介です。...
ABOUT ME
bun
絵本に追いかけられた母