詩を愛する大人たちが全力で作った絵本

「エミリー」
マイケル・ビダード 文
バーバラ・クーニー 絵
掛川恭子 訳
ほるぷ出版

詩を愛する大人たちが全力で作った絵本

・・・だと思うんです。訳者さんも含め、きっと出版社さんも含め、です。

 

エミリー・ディキンソンというアメリカの詩人と小さな女の子とその家族が出てくる少し不思議なおはなしです。

この絵本の中に詩はほぼ出てきません。詩が苦手な方も大丈夫。

美しい旋律が流れているような文章でピュアな気持ちにさせてくれます。
クーニーの絵ももちろんです。

しっかりした文章なのですがどこか詩を読んでいるようで、この絵本を作った方々のエミリー・ディキンソンへの大切な愛が感じられます。

エミリー・ディキンソン本人はひっそりとした静かな方だったそうですが、子どもたちが大好きだったとのことです。どうしても子どもたちにエミリーを知ってほしかったのでしょうね。

こんなところでエミリー・ディキンソンに会えるとは。
私もこの女の子のようにして彼女に出会いたかった。

出版社さんよくぞこの絵本を日本に紹介してくれました。ありがとうと言いたいです。

ABOUT ME
bun
絵本に追いかけられた母