岩崎書店

エキサイティングするデンジャラスストーリー?!

「ざぼんじいさんのかきのき」
すとうあさえ 作
織茂恭子 絵
岩崎書店

エキサイティングするデンジャラスストーリー?!

良いお母さんでいようとすると、時になんだか疲れてくるときがあります。

そんな時に子どもが読んでと持ってくるこの本で私は笑って憂さ晴らしをしていた気がします。

お話はざぼんじいさんとお隣のまあばあさんのやり取りを子どもたちが取り囲んでてんやわんやします。

子どもがワルい本っていっぱいあるけど普通の大人が悪い本ってあまりない。
しかもこのざぼんじいさんの悪さったら大人が見てもなかなか破天荒です。

このおじいさん一体どうなっちゃうんだろう?!

この絵本ほんとに子どもと一緒に読み進んでいいの?

と思わせるくらいのデンジャラスストーリーに親子でエキサイティングします。

まあばあさんのとんちの効いた応対もぜひお楽しみに。

絵の色使いも目に元気をくれます。

作者はまるで子育てに疲れた大人に肩の力を抜いてねとエールを送ってくれているようです。

 


くりくり
ことばでコチョコチョくすぐります!「くりくり」という絵本の紹介です。...

 

ABOUT ME
bun
絵本に追いかけられた母